2018年8月28日 日本ESD学会誌『ESD研究』第2号の投稿募集について

日本ESD学会では学会誌『ESD研究』(以下「本誌」)第2号への掲載論文を募集します。応募にあたっては事前に応募登録(締切:2018年9月28日)が必要です。会員各位の積極的なご投稿をお待ちします。
1. 投稿種別:
 投稿対象とする論文は、ESDの研究や実践に関する成果、課題、情報に関する以下の論文とする。
 原著論文:理論研究・実践研究・政策研究・教材研究などに関して独創的で、かつ今後の研究や実践に有用な知見をもたらすと考えられる学術論文
 総説論文:特定の分野やテーマに関する内外の研究・実践・政策などを広く検討しながら、独自の視点から課題や論点を提起し整理した学術論文
 研究ノート:学術的な研究や調査の成果を中間的に整理検討した論文
 報告:実践報告、会議報告など

2. 投稿資格:
 2018年度の会費納入済みの日本ESD学会(以下「本学会」)会員に限る。ただし、共著原稿の場合には、執筆筆頭者以外に非会員を含めることができる。
 団体会員が投稿する場合は、投稿者はその組織団体の常勤職にあることを原則とする。ただし、投稿原稿が共著の場合は、執筆筆頭者以外に非常勤職を含めることができるものとする。

3.投稿条件:
 本誌に投稿される原稿は、ESDの研究や実践に資する内容を有し、他の刊行物に未発表のものとする。ただし、以下の原稿等(加筆修正したものを含む)については、初出の明記や著作権の確認を条件に未発表のものとみなすことができる。
①各種学会が主催する大会等での発表要旨、口頭発表、配付資料など。
②政府、地方自治体、研究機関、各種団体等の委託研究調査の報告書等に収録されたもの。
③その他の講演会、研究会、シンポジウム等での発表要旨や配付資料など。
④その他、編集委員会が認めたもの。

4.原稿の分量:
 「原著論文」および「総説論文」は、10頁(17,600字)以内
 「研究ノート」および「報告」は6頁(10,560字)以内

5.使 用 言 語:
 原則として日本語または英語

6.審 査 方 法:
 日本ESD学会誌『ESD研究』査読規程により審査する。

7.スケジュール:
応募登録締切: 2018年 9月28日 (金) 
論文提出締切: 2018年 11月30日 (金) 19:00メール必着
審査結果通知: 2018年12月下旬(予定)
修正論文提出締切: 2019年1月下旬(予定)
最終審査結果通知: 2019年3月上旬(予定)
論文集の発行: 2019年夏(予定)

8.応募登録及び投稿原稿の提出方法:
 応募登録は、下記の項目について期日までに本学会編集委員会のメールアドレス(jsesd.editor@gmail.com )宛てに送信してください。
①投稿者(第一執筆者・連名執筆者)の氏名・所属先
②原稿種別
③題目
④メールアドレス
(なお、応募登録後は第一執筆者及び連名執筆者の変更や追加は認められませんのでご注意ください。)
 投稿原稿は、期日までに本学会編集委員会のメールアドレス宛にファイル添付で送付してください。

9.投稿に関する規程類・関係書式:
本学会のウェブサイトの「日本ESD学会とは」の中の「会則等」からダウンロードできます。
 日本ESD学会誌『ESD研究』編集・投稿規程
 日本ESD学会誌『ESD研究』執筆要領
 日本ESD学会誌『ESD研究』査読規程

問合せ先
学会誌や投稿に関するお問合せは、日本ESD学会誌『ESD研究』編集委員会まで、本学会のウェブサイトの「問い合わせ(編集委員会)こちら」よりお問い合わせください。
以上の内容についてこちらからダウンロードできます。