日本ESD学会第2回大会を下記の要領にて開催することになりました。多数のご参加を賜りますようご案内申し上げます。
詳細はこちら、ポスターはこちら、をご参照ください。(リリース)

1.期 日: 2019年8月19日(月)・20日(火)
2.会 場: 宮城教育大学(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149番地)
3.共 催: 宮城教育大学、東北地方ESD活動支援センター
4.協 力: ESD活動支援センター
5.後 援: 公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)、ESD/ユネスコスクール・東北コンソーシアム、ユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)、公益社団法人仙台ユネスコ協会、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、仙台観光国際協会、その他(申請中)
6.日 程(予定)
前日 8月18日:若手の会・評議員会
1日目8月19日:口頭発表・総会・シンポジウム・情報交換会
2日目8月20日:口頭発表・ポスター発表・ワークショップ/フィールドトリップ
※8月19日(月)20日(火)は大学構内の食堂をご利用いただけます。
※フィールドトリップは被災地仙台荒浜地区・いぐね(屋敷林)および大崎市(世界農業遺産)を予定しています。

7.公開シンポジウム(宮城教育大学共催)
(A) テーマ: ESDを問いなおす―学習指導要領と教科教育の観点から
教育行政、学校実践、ESD理論、学校外教育の各専門家を招き、学習指導要領や教科や学力と関連付けながら、ESDを実践する意義を問い直す。
(B) テーマ:東北地方におけるESD/SDGs実践からの示唆
ESD/ユネスコスクール・東北コンソーシアムおよび東北地方ESD活動支援センターの各地域の行政、学校、NPO等による実践の様子を公開し、批判的に省察を行う中で、全国で地域と連携したESD実践を行う際の参考に供する。

8.発表・参加申し込み及び参加費の振込み(大会参加、情報交換会参加)
大会参加を受け付けています。オンラインフォームこちらからお願いいたします。

9.研究発表者(口頭発表・ポスター発表)へのご案内
研究発表者(口頭発表・ポスター発表)のみなさまに、『研究発表要旨集』の原稿作成をお願いいたします。執筆要領はこちら。原稿サンプルはこちら。ワードファイル、及びそれをPDFファイルに変換した原稿を、6月30日(日)までにメールでご送信ください(受付終了)

また、発表者向けの当日の案内はこちらをご覧ください。
送信先:日本ESD学会第2回大会実行委員会 jsesd2019@ml2.miyakyo-u.ac.jp
件名:大会発表要旨
ファイル名:発表要旨-発表者氏名.doc